クリップログ

ライフハック、インターネット、音楽、マネープランなど幅広く発信していきます。

udemy

インターネットサービス

お得すぎる!書籍よりUdemyのオンライン講座!おすすめ講義3選(Python編)

投稿日:

こんにちは。
私はプログラミング言語Pythonを勉強しています。

WordPressをやってるんだからPHPで良いじゃないとも思うのですが
Pythonのインデント(字下げ)にこだわるPythonicの考え方や
見やすくてコード量が少ないことなどが気に入りました。

今回はプログラミング学習とオンライン講義Udemyについて書きます。

プログラミング学習について


プログラミング言語を勉強するには
一般的には独学、スクールがあります。

独学は基本、書籍学習ですが以下の記事で紹介した通り、かなり過酷です。
(もちろん自己管理できる人ならば良いのですが・・・)

プログラミング
書籍でプログラミングを学ぶのが超難しい理由

どうもこんにちは。たくです。プログラミングを学習し始めてしばらく経ってきたので自分で大事だなと思うことを時々、まとめていきたいと思います。自分自身の備忘録も兼ねています。プログラミングに慣れている人で ...

続きを見る


もう一つの学習方法はプログラミングスクールですが
こちらのメリットは常にメンターである講師に
活きた質問が出来ることだと思います。

しかし3か月コース、6か月コースになってくると
学習コストが高いこと、本業があると時間を取りづらいという
デメリットも存在します

そんな上記2つのメリットを併せ持ち、デメリットを解消する方法は
オンラインスクールであると思います。

今回は大手スクールUdemyのご紹介と
おすすめ講義について書きたいと思います。
以下お勧めする講義はすべて私が実際に受講したものです。

Udemyについて

Udemyとは?

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

Udemyとはeラーニングの総合サイトです。
今回ご紹介するプログラミング講義だけではなく、
マーケティングやブログ運営、歌が上手くなる講義など
幅広く取り扱っています。

Udemyは個人でも講義を持つことが出来る、
教える+学べるの総合教育プラットフォームと言えます。

udemyのコースは(udemy以外の)サードパーティー経由から
購入することが出来ますが、その場合、
30日以内の返金対応に応じてもらえないので
Udemyの公式サイト&アプリから購入するようにしてください。

価格は?

基準価格は2万円ぐらいのものが多いです。
しかしキャンペーンの機会が多く
そして割引率がものすごい大きいので
キャンペーン時にたくさん受講することをお勧めします。

また何より30日の返金保証が存在するので
”合わないなぁ”と思ったらキャンセル可能です。

何度も何度も中身見たくせに返金キャンセルする、などがあると
アカウントBANされる可能性があります
のでキャンセルはほどほどに・・・。

特徴

特徴は値段の割にどの講義も充実しています。
もちろん購入者の趣向や目的と合わない、ということは
あると思いますが基本的にどの講義も良く練られていて非常にためになります。

いくつか特徴があります
・講師とコミュニケーションが取れる
講義にもよりますが質問を出すことで回答をもらえます。
分からないことを聞けるのは学びにおいて本当に重要です。
・レビューが進捗度に応じて何回か求められる。
1%、50%、100%ぐらいの時点でレビューを求められます。
そしてそのレビューを講師が確認してメッセージを送ってくれたりします。

Udemyお勧め講座(Python編)

python基本文法+応用編

Pythonの基本文法から開発の流れ、応用技術まで
一つのコースですべて網羅できるのが以下の酒井潤さんの講義です。

講座名 Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学ぶオンライン講座
作成者 酒井 潤
講座数(講座時間) 290レクチャー(28時間34分)
紹介文 現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython入門!応用では、データ解析、データーベース、ネットワーク、暗号化、並列化、テスト、インフラ自動化、キューイングシステム、非同期処理など盛り沢山の内容です!
値段 24,000円

 

Udemy日本の有名講座の一つです。受講者が2万人以上という驚異の人気。
そして評価が4.5と高評価であることから
そのクオリティの高さが伺えます。

講師の酒井さんはシリコンバレーのsplunkという会社にお勤めです。
splunkはビッグデータと機械学習を活用してビジネスアンサーを導き出す
まさに!といったAI企業だと言えます。

pythonを主戦場としている雰囲気がプンプン伝わります。

まず講義の内容に驚きます。
290レクチャーで動画の長さは驚きの28時間以上。
1日中流し続けても終わらない驚異のボリューム。
しかしボリュームだけでなく密度が濃い。
一回で覚えることはまず不可能!

何度も何度も見返してこの講義の内容をすべて理解できて
再現できれば絶対に食っていける!そのぐらいの濃さです!

28時間のうち約9時間はPythonの基礎になります。
その9時間の基礎をマスターするだけでも
本当にプログラミングが出来るようになります。

そして残りの19時間は応用編になります。

この応用編はヤバイです。素人に近い私ですが
データベースの操作とかロギングとかまでは
”ああ、あの事ね・・・”って何となくイメージは付きますが
セマフォ、ioストリーム、コルーチンとネイティブコルーチン・・・
もう、????(;´Д`)????ってなるぐらい奥深くなります。

つまりこの講座をすべて完了すれば
Pythonだけでなくネットワーク、システムについても
強くなります!

私も一週しましたがまだ理解が全然出来ていないので
現在2週目を勉強しています。
まじでPythonやっていきたい人は絶対にお勧めです。

最後に酒井さんはPythonicを大事にしています。
講義のところどころで
”こうしたほうが見やすい”や”実際の開発現場ではこうやってる”といった
TIPSが本当に分かりやすくありがたいです。

こういったところもこの講義がUdemy最人気講義になった
理由かと思います。

正直に言って、Pythonの基礎はオンライン講義は
この1本で充分です。この一本を理解できるまで
何度も見返せば必ず実力が付きます。

Django基礎編

Djangoはpythonをベースとしたwebフレームワークです。
webフレームワークを使うことで
webサイトの開発を効率的に行うことが出来ます。

例えばデータベースの管理機能や、ユーザー登録機能など、
pythonだけで実装しようとすると途轍もない作業となるところを
Djangoは最初から用意してくれています。

Djangoはあのインスタグラムやピンタレストにも使用されており
日本では他のRuby on Rails等と比べてあまり人気がありませんが
世界的なフレームワークとして認められています。

Djangoはとにかく癖が強いです。
独学だと大変になりがちな理解を動画講義は助けてくれます。
おすすめは以下です。

Django入門編

講座名 【徹底的に解説!】Djangoの基礎をマスターして、3つのアプリを作ろう!
作成者 大橋 亮太
講座数(講座時間) 82レクチャー(10時間06分)
紹介文 Djangoの概要から学び、3つのアプリを作る中でフレームワークに対する理解を深めることができます。最後はVPSを使ってウェブサイトを公開していきましょう!Djangoだけではなく、フレームワークをこれから学びたい方にもおススメです。
値段 19,800円

講師の大橋さんはとにかく丁寧に教えてくれます。
Django理解の1本目の動画として最高の講義であると断言できます。
なぜか?Djangoはとにかく癖があります。

Djangoの中にテンプレートがありますがデフォルトでフォルダ階層を
指定されていたり、Djangoならではの記法があったり、
そんなところからアプリ制作を通じて教えてもらえます。

受講生は現在700人程度、評価は4.6以上と本当に評価が高い講義です。
何より、受講生が少ない(失礼)ので質問に答えてもらえやすい!
受講生が少ない講義の利点の一つです!サポートが手厚いのは!
Django1本目の講義はこれしかないと私は思います

講師の 大橋 亮太 さんも一緒に動画の中でタイピングしていくので
受講者も同じスピードで進めていけるのが最大の特徴です。

Django基礎固め+中級入門

講座名 プログラミング初心者でも安心、Python/Django入門講座
作成者 滝澤 成人
講座数(講座時間) 112レクチャー(16時間51分)
紹介文 初心者にオススメなプログラミング言語「Python」と、便利なWebアプリケーションフレームワーク「Django」でWebアプリケーションの作成方法を学ぼう!
値段 24,000円

Django講義の2本目としては滝沢成人さんの上記講座をお勧めします。
前半はPython基礎の講座になりますが
メインはDjangoの講座になります。

Djangoを扱ったアプリとしては少しだけ複雑になってきます。
滝沢成人さんは個人ブログでもDjangoの専門的なTIPSを
発信し続けているので非常に知識が豊富です。

Narito Blog

個人的に受けてみた感想としては
1本目に受ける講義ではないと感じました。

※途中でコピペ進行がありますので動画を見ながら
コピペが出たら一旦動画を止めて入力したりしました。

しかし内容は深く、Djangoの知識を深めるには最適な動画です
最後のほうには動画投稿のサイト、手書き文字の判別アプリなど
ちょっと面白いアプリ制作もあります。

受講者数は4300人、評価は4.1ほどです。
評価の中には”付いていけない”という声もありました。

私は先に紹介した大橋さんの講義と書籍1冊を読んでいたため
大丈夫でしたが人によってはついていけないかもしれません。
なので”2本目に受けるべき動画”として非常にお勧めします。

その他

OpenCV

私が個人的に興味があったので受講しました。
Python+OpenCVという組み合わせで画像処理を学べます。

画像処理を学ぶことには以下の意味があります。
・OpenCVという一番主要なライブラリを学べる
・画像ファイルの仕組みを知り、画像処理に使用される様々なパラメーターを
知ることで画像認識を含めた機械学習へとステップアップできる。

おすすめは以下の講義です。

講座名 【Pythonで学ぶ】OpenCVでの画像処理入門
作成者  Tetsuya T
講座数(講座時間) 50レクチャー(5時間52分)
紹介文 OpenCVの導入・画像の基礎知識からエッジの検出・特徴抽出、特徴追跡など様々な画像処理を紹介。実践力強化のため、パーティクルフィルターも原理を理解した後、自力で実装します。
値段 9,000円

画像処理、画像認識関係の講座は少ないです。
また書籍も少ないです。もともとOpenCVというのはC++という言語で
作られており、C++での参考書が結構多いです。
そんな中でPythonとの組み合わせで学べるのはありがたいです。

皆さんが何気なく使っているPHOTOSHOP、SAI、GIMPなどの
イラスト作成するソフトなどの仕組みがわかるようになります。
グレースケール、彩度強調、ぼかしなど
上記ソフトで当たり前に使用されている機能の仕組みがわかります。

受講生は3700人、評価は4.4とまずまずの高評価です。
こちらはPythonの文法などは一切教えてもらえませんので
まずはPython講義で基礎だけは理解する必要があります。

まとめ

如何でしたでしょうか。
最近はこんな素晴らしい講義がこんな安価に受けられるなんて
素晴らしい時代になりました。

プログラミングスクールに行くのも独学をするのも
良いですが出来れば費用対効果が高いほうが良いです。

Udemyの講座をキャンペーンの90%OFFで
受講出来たらこれほど費用対効果の高い
自己投資は無いと思います。


注意点があるとすれば一点!

上記の講座は素晴らしいものですが
本当に完全にプログラミング初心者であるならば
一番簡単な基本書は一冊読んでおくことをお勧めします。

理由は簡単で、如何に上記プログラミング講座が素晴らしいものでも
環境構築が出来なければ始める事すらできません。
簡単な基本書で環境的に”python"が使える状況で
上記の講座を受けるのがよろしいかと思います。

是非参考にしてみてください。

-インターネットサービス
-,

Copyright© クリップログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.