クリップログ

ライフハック、インターネット、音楽、マネープランなど幅広く発信していきます。

インターネットサービス

ブログ更新について気付いたこと①「文章の書き方、改行、段落など」

投稿日:


こんにちは。ブログ運営本格的に書き始めて20日目ぐらいですかね。とにかく普段から文章を書いてきたような人間ではないので、いま一生懸命練習しています。


ブログの文章の書き方で気になったことがあったので、気になったことシリーズとしてどんどん残していきたいなと思います。

ブログ的文章の書き方


やっぱり無知は痛いな・・・。自分は文章の書き方は


あれこれあれこれ
あれこれ、あれこれあれこれ
あれこれあれこれあれこれあれこれ。


必ず改行して書いていました。しかも段落分けは出来るだけせずに長々長々と心の行くまま書いてました。


でも有名なブロガーの書きかたを見てみると


あれこれあれこれあれこれ、あれこれあれこれあれこれあれこれあれこれあれこれ。 あれこれあれこれあれこれ。


という具合に一文ぶっ続きで書いていました。


正直どっちが正しいのか自分ではわからなかった。なんとなーく上の書き方で改行を入れたほうが良いんじゃないかなと思っていたんだけどプロのブロガーの書き方はみんな下の書き方、1文ぶっ続きで書いていた。


しかもどのブログも行間を空ける空ける、文章量と同じぐらい次の文章まで空欄が続く。なんとなーく小説的な書き方が良いかなと思っていたので自分の書き方は一段落が長かった。(小説って地の文だったら改行せずにずーっと続くんですよ)

自分のブログ一文が長くてしかもブロックで真っ黒。
有名なマナブログ さんの一文。超絶見やすい!
https://manablog.org/


上記を比べれば読みやすさは一目両全。自分のブログの内容がつまらないというのは置いておいても、とにかく読みにくいのは最悪だと思いました・・・。


おまけに適切なタイミングで改行と段落分けをしないとGoogle先生にも赤点採点をされてしまうとの噂があるので、マナブログさんのような一文は出来るだけ
短く、そして一文ぶっ続きのタイプに書き直そうかと思いました。

このサイトの記事をスマホで見るともう画面幅の関係で全崩壊


もうなんていうか全然考えてませんでしたね。なのに沢山記事書いちゃって・・・。これから全部手直しです。


敏腕編集者の箕輪厚介さんが言ってましたが”今の時代、時間を取られる本は売れない”、”自分の出すビジネス書は30分、長くても1時間以内に読める本”と言っていました。


多分ブログというメディアも極力読者に時間をかけさせないように読んでもらわなきゃいけないのかなと思いました。そりゃ文字の巨大ブロックはストレス溜まりますよね~(-_-;)。

改行と段落について


WordPressでの文章作成の際には改行と段落を挿入していきますが、現在のWordpressではブロックがデフォルトになっていると思いますので、ブロック一つ一つを段落として考えて、段落の中で改行を入れていけば問題はなさそうです。

赤枠の一つ一つがブロック(段落)です。


以前はWordpressのClassicParagraphの中で<p>タグで囲んでやることで段落としていたみたいですが、現在のブロック編集だとブロック=段落だと考えれば良さそうなので、改行だけ気にすれば良いですね。


改行は Shiftキー + Enter で入れることが出来ます。htmlだと<br />ですね。


最強コンテンツマーケティングサイト、バズ部さんの
「WordPressで改行や段落を挿入する時の注意点と方法」
https://bazubu.com/points-about-wp-posting-23780.html


という記事の中では改行と段落の入れ方について、記載されていますが、現在のWordPressの記事投稿スタイルはブロックスタイルがデフォルトになっているので、段落はブロックで考えて、改行は同じくShift + Enterで適切に挿入していくというスタンスで良さそうです。


※ちなみに<br />を連続で挿入するとGoogle先生からの評価が下がるという記事を他のブログで沢山見たのですが、ブロックスタイルを使用している以上、段落(ブロック)の中だけでしか改行が存在しないはずなので、<br />がHTMLファイルの中で単独で連続使用されている、という状況は起こらないような気がします。

改行の量


一つ気になったのは改行の量です。もちろんブログにもよるのですが、文章量:改行(空白行)の比率が1:1程度になっているブログが多い様に感じました。個人的に小説をよく読むせいか、空白多いなぁと感じました。


しかしさっと隙間時間に読む場合にはこのほうが圧倒的に良いということにも気が付きました。スマホで流し読みなんかする場合は圧倒的です。やっぱり読む人の状況とかも意識しなければいけませんね。

専門用語とかをどこまで使うか


これはブログのコンセプトも対象とする領域すらも決めていない、私が悪いのですが、専門用語とかをどこまで使うか?というのが非常に悩ましいところです。


株の記事を書いてさらっとPERと記載してよいのか?など考えたらきりがないのですが。


ただまだ20日しか書いてないのでずっと書いていくうちに用語確認の記事とか書いていけばどんどん記事間の連携が取れてくる(ればいいな)と思いますので、しばらくは記事を書いていきたいなと思います。


スティーブジョブズの言うコネクティングドッツ(connecting dots)みたいになれば素敵やん。

まとめ


今回は一番基本的なブログ記事の書き方などで気になることをさらっと書いてみました。


小説は紙面にぎっしりと文字で埋め尽くされていますがブログだとそれじゃダメなんだと感じました。また難しい言葉もあんまり使わないようにして、あくまで読む人に負担を書けないようにするもんなんだなと思いました。


あと、文章を書くことは嫌いじゃないのですが、まとまらないとやっつけみたいな記事になっちゃうので、もうそろそろぼちぼち文章の型みたいなものを考えられたらいいなと思いました。

-インターネットサービス
-,

Copyright© クリップログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.