クリップログ

ライフハック、インターネット、音楽、マネープランなど幅広く発信していきます。

ミニマリスト

マネーと節約

ミニマリストについて考えてみる(持たない人達)

投稿日:2019年6月10日 更新日:

こんにちは。たくです。
今日はミニマリストについて考えてみたいと思います。
ミニマリストとはコトバンクからの一部引用ですが

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方

ミニマリスト-コトバンク

という定義になっております。

このミニマリストについてその特徴と自分なりの考えをまとめます。

特徴①:自分の欲求・ニーズに素直な生き方

ミニマリストの人々は基本的にわがままです。このわがままとは
世間一般の常識や慣例に流されない自分の基準を持つということです。
ミニマリストの人達は同じ世代やコミュニティの人とは少し違った
消費性向を持ちます。自分の趣味・趣向に合うものは消費をしますが
それ以外では徹底的に消費を抑えるように働きます。

ミニマリスト家庭では基本的にほかの家庭と比較して整理されています。
ゴミやモノがありませんので。モノが無いということは
モノを置くスペースも必要ないし、捨てたり片づけたりする
労力も抑えることができます。

以前エリートサラリーマンでミニマリストの方の部屋をのぞいたら
本当になにもありませんでした。
白と黒のモノクロの部屋にmacbookが置かれた机とソファー、
壁に壁時計、そして壁に埋め込まれた液晶テレビだけでした。
その人は仕事以外はリビングでテレビを見たり
macbookでネットサーフィンしたりするのが好きなので、
リビングに家具はそれ以上必要ないのです。

ある人は楽器を沢山持っています。部屋の一つを防音室にしています。
そしてその中で楽器を飾り、時に演奏しています。しかしその部屋以外は
全く家具が無く、畳の部屋には洋服ダンスしかありません。
この人も”楽器系”ミニマリストとでもいうべき消費性向をしています。

ミニマリストは自分の趣味・趣向に合わない消費をトコトンしないように
行動する人達であると言えます。

特徴②: 経済感覚に敏感である

人間は生きていくうえでコストがかかります。生活費です。
ミニマリストの中でもハードな人たちはこのコスト意識が非常に強いです。
月々〇万円で生活できると豪語する人もいます。
この生活コストを抑えるということは収入が一定であれば
その差額で貯金もでき大きな経済効果があります。

手取り20万円でも月々8万円で生活できれば毎月12万円が貯金できます。
経営でいうところの収益と費用を差し引いて利益を出すという関係を
一人の人間で体現しているようなものです。
これからの年収が下がり続けると言われている日本社会で
自分自身の経済感覚に強いということは強みであるように感じます。

特徴③: モノを小型化してそれを大事にする

ミニマリストはモノを持たない代わりに少量のモノを大事に使用します。
バスタオルを持たず普通のタオルを使う、ポットではなくケトルを使用など
出来る限り大きいものを小さくしようと努めます。
食器は少ししかなく都度洗い物を欠かさない、服も少ない着数を着まわす。
タイプにもよりますが本は電子書籍で読む時代でしょう。
とにかくモノを減らすことを第一考えます。
そして残ったものを大事に扱うようになります。

ミニマリストのすすめ

上記のミニマリストの考え方を徹底して踏襲することは難しいですが
部分的に取り入れるのは非常に良いと思います。
同年代の人全員が車に乗っている”から”、大きなテレビを持っている”から”
自分も購入しなければいけないという理由は一つもなくて
自分の必要なものだけに集中してモノの消費を楽しむべきだと感じます。

大事な事はモノの本質的な”価値”を見つめて
本当に自分が必要なのかを判断することだと思います。
”車”が必要か?不必要か?を考えて
本当に車が必要であれば車を買えばいいと思います。
しかし”ピッカピカの新車”が欲しいのか”走る足としての機能”が
欲しいのかを考えた時に”走る足としての機能”が欲しければ
走る中古車を買うほうが自分の消費行動としては相応しいと思います。
例え隣の家庭がピカピカの新車を乗っていたとしても・・・。
どうしても車のような消費行動を行う時には「どうせなら・・・」と
少しでも良いものを購入してしまうと思います。
この「どうせなら・・・」を抑えることで
消費するお金を節約することができます。
これは”ケチ”とは違う考えだと思います。
その浮いたお金で本当に必要な自分の欲求を満たすのが最大の目的です。

ミニマリストという考え方、これからの時代に即した考え方だと思います。
”モノの豊かさ”を求める時代は戦争~高度経済成長期を経て終わりました。
現在は自己実現欲求である”心の豊かさ”を求める時代です。
ミニマリストという考え方を知って利用して
心の豊かさを手に入れられるように生きていければ
これほど素晴らしいことはないと思います。

お読みいただきありがとうございました。

-マネーと節約
-,

Copyright© クリップログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.