クリップログ

ライフハック、インターネット、音楽、マネープランなど幅広く発信していきます。

流し台

雑学その他

憎き不快害虫!夏場のコバエを大量発生させない方法5選

投稿日:2019年6月21日 更新日:


こんにちは。夏も本番に近づきどんどんと暑くなってきました。


こんだけ気温が上がってくると奴らが発生します。そうです。コバエです。あの究極にうっとうしいコバエを何とかしたいのです。


コバエは35歳(わし)の動体視力では捉えることが困難です。おまけに次々と発生するので本当にイライラします。そんなコバエ対策を考えました。


コバエの種類


戦略を練るにはまず敵を知ることから・・・。
ということでアース製薬のハエ特集がわかりやすいです。

https://www.earth.jp/gaichu/knowledge/kobae/

夏場に圧倒的に飛ぶのはショウジョウバエです。
本当にうっとうしい。

上記サイトから引用


コバエに健康的、衛生的に害はないようですが、見た目の悪さと素早いスピードで飛び回ることから不快害虫になります

コバエ発生の原因

ご存知の通り、コバエが発生するのは生ごみを放置しているからです。生ごみを放置すると、どこからともなくコバエが飛んできて卵を産み付けてウジ虫どもを発生させます。


夏場に生ごみを放置したらマジで気持ち悪い状態になってしまいます。考えるだけで恐ろしい。


キーワードは水と栄養です。両方そろった環境でコバエは発生します。


コバエ発生を抑える方法


コバエを絶対に発生させない方法は一つしかありません。とにかく生ごみを出さない事です。そんな生ごみを出さない方法を以下に紹介します。


また発生してしまったら速やかに駆除‼( ゚Д゚)しなければいけません!
そんな方法をまとめます。

生野菜・果物の消費を抑える

バナナの皮、リンゴの皮、ジャガイモの皮など流し台の三角コーナーに残るものを徹底的に排除します。


そのために残飯が発生しがちな食品の消費量を抑えることが考えられます。夏場に無理に生ごみが多くでるような食べ物を食べなくてもいいでしょう。

コバエが発生する、しないものを把握する

ジャガイモの皮はコバエが湧きますが玉ねぎの皮は発生しにくいです。野生や果物の残飯でもコバエが発生しやすいものとしにくいものがあります。

生ごみを冷蔵庫で保管しておく

キャベツの外側や芯、果物の皮などいっそのことスーパーのビニール袋に入れて
ゴミの日まで冷蔵庫の中で生ごみを保管しましょう。


夏場のコバエは一日もあれば卵を産み付け孵化します。月、木曜日がゴミの日だとしたら火曜日に発生する生ごみを出しておくとコバエの温床になります。いっそのこと流し台に生ごみが無い状態にしてしまいましょう。

流し台を常に綺麗にしておく

流し台は常に洗剤で綺麗にしておきましょう。水だけではコバエは発生しませんがシンクにこびりついたカスがあると養分となりコバエの食料になってしまいます。


流し台の掃除は常にしておきましょう。定期的に沸騰された熱湯をシンクにかけることがお勧めです。

コバエ撃退グッズを使用する

どうしても発生してしまたらもうグッズに頼りましょう。様々なコバエ対策グッズが出ています。コバエは初期対応をしっかりしておかないと
放置した生ごみからどんどん発生してしまいます。

置くだけのグッズや直接スプレーを吹きかけるタイプなど沢山あります。色々と試してみてください。


よく言われる「めんつゆ+洗剤」の組み合わせも非常に有効です。めんつゆに入れた洗剤の効果でコバエの繁殖を防ぎます。同じように生ごみに洗剤をかけることも一定の間は繁殖に歯止めをかけます。

まとめ


夏場のコバエほどうっとおしいものはありません。1日やそこら流し台が汚れたままだとあっという間に繁殖します。


またコバエは人間にわざと近づいてくるんじゃないか?と思えるほど目の前を飛び回ります。なにか集中したい時とか本当に不快ですよね。


そんなときは上記の方法を試してみてください。

-雑学その他
-,

Copyright© クリップログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.