クリップログ

ライフハック、インターネット、音楽、マネープランなど幅広く発信していきます。

夫婦

雑学その他

貴方、私と仕事どっちが大事なのよ!→俺「今日の晩飯・・・」

投稿日:2019年6月11日 更新日:

こんにちは。たくです。

朝7時に旦那さんが寝ぼけた顔で洗面所に行って
歯を磨いています。その間奥さんが子供にご飯を食べるよう促しながら
食器洗いを出来る限り終わらせようとしています。
旦那さんはご飯をもさもさと食べて、そのまま食器をほったらかしで
テレビを見ながらシェーバーで髭を剃っています。
奥さんは散らばった食器を片付けながら旦那さんを見ると
恰好がシャツとパンツと靴下。
髭を剃り終わったらスーツに着替えるようです。
何の気なしに奥さんは確認します。「あなた、前から言ってた通り
今日私は子供を迎えに行けないからあなたお願いね。」
「ああ、俺無理かも」
一気に顔色が変わる奥さん。
「どうして?あれだけ今日は私無理だからあなたお願いねって言ってたじゃない」
「今日は急に夕方から予定が入ったんだよ」
「私だってそんな急に仕事を早退できないわよ」
「いいじゃないか。パートなんだから調整出来るだろう」
奥さんはエプロンを脱ぎ捨てながら声を荒げます。
「パートだからってそんなに簡単に調整できるわけないじゃない!ほかの人にも迷惑をかける私の身にもなってよ」
コーヒーを飲みながらスマホをいじる旦那がいじけたようにつぶやきます。
「しょうがないだろ。俺だって仕事なんだから。大体子供の面倒を見るのは母親の仕事じゃないか」

ぶちん

「貴方!私と仕事どっちが大事なのよ!」

うーん・・・適当に打ってみましたがあるようなないような・・・


さて、私と仕事どっちが大事?っていう問いですが定期的にこのセリフが話題に上がるときがあります。


この”私”が時には家族だったり子供だったりしますよね。「家族と仕事どっちが大事なのよ」とか「仕事ばっかり、子供のことももっと考えてよ」など、色んなパターンが考えられますよね。


他のブログや雑誌掲載だとこの問いの回答についていろいろ乗っています。「もちろん君だよ」とか「そんなこと言わせてしまうなんて悪かった」とか「どっちも大事だよ」とか。


ただ・・・はっきり言ってこの問いに答えは出ません。何故ならこの問いは問うてないからです。


どういうことかというと会話の流れ上、反射的に出たセリフだからです。この私と仕事、どっちが大事か?というセリフを吐く場面が重要なのです。


私が今まで見てきたこのセリフが出現する場所は緊急性の高い場所でしか見たことがありません。上記の例えのように朝の忙しい時、大事な夫婦イベントが仕事によってすっぽかされたときなどそんな状況でしかこのセリフを見たことがありません。


つまり・・・
夫婦水入らずで落ち着いた状態で高層マンション&オーシャンビューの高級レストランの一席でグラスに注がれたワインを2人で飲みながら「ねえあなた、私と仕事どっちが大事かしら?」と聞いてごらんなさい。


正直どんな解答でも正解になります。逆に朝の忙しいときとか急遽夫婦イベントをドタキャンされたときにこんな問いをされても返す言葉はすべて相手にとってのナイフとなります。


正直”晩飯のことを考えていた”とか答えても相手に対するダメージはあまり変わりませんよ。落ち着いてから”ごめんね”で済んでしまうことも多々あります。


言葉ってのは不思議なもので魚と同じく”時期”があります。一番おいしく響くタイミングが存在するんですね。またお肉と同じく熟成させることで効果を強くすることもあります。


私と仕事どっちが大事?という問いには”答えられない”と答えて置き、落ち着いてから素直な気持ちを伝えることが一番良い方法だと思います。

-雑学その他
-,

Copyright© クリップログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.